名古屋で弁護士事務所をお探しなら平井綜合法律事務所(愛知県名古屋市)にお任せください。
平井綜合法律事務所
電話無料法律相談(遺言・相続、事業承継、交通事故、過払請求、不動産・借地借家・マンション)
 
サイトマップ プライバシーポリシー
個人法務   企業法務
 
離婚ほか家庭内問題刑事問題(成人・少年)労働問題
契約書作成貸金・売買・請負・フランチャイズほか契約問題
保証・担保のトラブル消費者被害・製造物責任
建築・欠陥住宅問題名誉・プライバシー・肖像権
インターネットのトラブル保険問題
スポーツ事故・医療事故ほか不法行為問題
介護トラブルほか高齢者問題境界・日照・近隣問題
身近な法律問題
  知的財産権、コーポレート・ガバナンス不動産問題
法律セミナー不正競争防止法・独禁法企業秘密・営業秘密保護対策
企業防衛対策IT関連法務会社設立支援・ベンチャー支援
同族会社をめぐるトラブル廃棄物・環境問題
M&A・企業倒産・企業再生各種会社訴訟企業刑事問題
INTRODUCTION

弁護士 平井 朝 愛知県名古屋市にある弁護士事務所です
悩みやトラブルを、皆様お一人で抱えることは、ときに大きな負担になります。そんなとき、弁護士が、法律のスペシャリストとして、皆様の問題解決をお手伝い致します。「いつもあなたの頼りになるブレーンでいたい」、これが当法律事務所のモットーです。
まずは、お気軽に、当法律事務所までご相談ください
(弁護士紹介はこちらから)。
【愛知県弁護士会(旧名古屋弁護士会)所属・弁護士平井朝】   

TOPICS トピックス一覧
【 16 12 05 】 その約束、きちんと契約書にしておきませんか?トラブルを防ぐには事前の準備が大切です。

著作権、特許、実用新案、意匠、商標権などの知的財産権問題、 不正競争防止法、独禁法、下請法、PL法・製造物責任問題等への適切な対処のためにも、戦略的企業法務の視点からの契約書の作成、見直しが重要です。

【 16 12 04 】 企業の皆様、対策はお済みでしょうか。改正景品表示法(景表法)がH26.12.1から(不当表示に対する課徴金についてはH28.4.1から)施行されています。

この改正に伴い、「事業者が講ずべき景品類の提供及び表示の管理上の措置についての指針」が公表されています(概要

表示関係Q&A(消費者庁)
景品関係Q&A(消費者庁)
事業者が講ずべき措置Q&A(消費者庁)

また、不当表示に対する課徴金については、不当景品類及び不当表示防止法第8条(課徴金納付命令の基本的要件)に関する考え方(消費者庁)が公表されています。
不当表示に対する課徴金納付命令制度の概要

【 16 12 03 】 不動産、借地借家に関する法律問題に取り組んでおります。当法律事務所の弁護士にご相談ください。

企業や不動産オーナー様の不動産に関する法律問題についても取り扱っております。

【 16 12 03 】 消費者裁判手続き特例法がH28.10.1より施行されます

消費者の財産的被害の集団的な回復のための民事の裁判手続の特例に関する法律」(消費者裁判手続き特例法)が施行されます。

一般消費者を顧客とする企業においては、上記施行を踏まえ、ますますのコンプライアンス体制の整備、強化に努める必要があるといえます。

【 16 12 02 】 平井綜合法律事務所・「顧問弁護士のご案内」はこちらから。
【 16 12 01 】 企業の皆様、法律に照らして適切な労務管理対策は万全ですか?

・当事務所では、就業規則の整備、採用、労働条件、残業代、解雇問題への適切な対処など、労務管理全般について、ご相談をお承りしております。

【 16 12 01 】 愛知県名古屋市をはじめとする中部地方の企業の皆様へ。近時、企業不祥事問題をきっかけに、企業コンプライアンスの重要性が取りざたされています。

コンプライアンス企業の法律問題に関する当法律事務所の弁護士からのアドバイスはこちら
顧問弁護士制度を是非ご利用ください

【 16 12 01 】 その思い、「遺言書」にしておきませんか?

相続」を「争族」とさせないためには、事前の対策が重要です。
・当法律事務所では、遺言書・遺産分割・遺留分・相続放棄・任意、成年後見、事業承継・その他相続問題に関する弁護士無料電話法律相談を実施しています。
遺言・相続問題に関する当法律事務所の弁護士からのアドバイスはこちら。

【 16 11 18 】 その交通事故の慰謝料妥当ですか?

・当法律事務所では、交通事故による死亡、重度後遺障害の被害者事案・ 交通事故の刑事事件に関する弁護士無料電話法律相談を実施しています。
・保険会社から提案された交通事故の慰謝料などは交渉により、その金額が上がる可能性があります。
・当法律事務所は、交通事故死亡、後遺障害事案、高次脳機能障害事案、遷延性意識障害(いわゆる植物状態)事案)による被害者の損害賠償請求問題に取り組んでいます。
 
交通事故に関する当法律事務所の弁護士からのアドバイスはこちら

【 16 07 05 】 お済みですか?企業のマイナンバー法対応のご案内

 ご存じのとおり、マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)が導入され、平成28年1月以降、全ての民間企業がマイナンバー(個人番号・法人番号)を取り扱うことになろうかと思います(Q&A)。
 その上で、個人番号の取扱いには、厳格な規制があり、マイナンバー法に違反した場合には罰則が科せられたり、立入検査がなされる可能性があり、企業においては、法律等で定められた対策を速やかに講じておく必要がございます。

 当事務所では、企業が整備しておくべきマイナンバー取扱規程等の作成等を承っております。また、マイナンバー取扱規程等については、顧問弁護士を活用して作成することが可能です。
 当事務所は、「いつもあなたの頼りになる Brain でいたい」をモットーに、良質のオーダーメード・リーガルサービスを提供しておりますが、その一環として、企業の皆様を対象に、「弁護士顧問契約」として、特別なサービスをご用意しております。
 マイナンバー法対応、契約書作成・チェック、債権回収、労務、不動産管理、その他法律問題全般に関するご相談がございましたら、まずは、お気軽にお問い合わせください(電話:052-209-6671)。
 

【 15 03 18 】 営業秘密管理指針」が全面改定されています(経済産業省)。
【 15 03 02 】 個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン」がH26.12.12より改正されています

改正の概要はこちら

【 15 01 21 】 H27より相続税の基礎控除額、税率が変更 早めに相続対策を
【 14 12 22 】 当事務所に、渡辺龍一弁護士が入所致しました。

これを機に、より一層執務体制の充実を図り、今後も「いつもあなたの頼りになるBrainでいたい」をモットーに、質の高いリーガルサービスを提供しうるよう研鑽を重ねて参る所存です。

【 14 12 10 】 H27.1.1以後に生じる相続等に関する相続税の基礎控除額等が改正されています

「相続税のあらまし」についてはこちら

【 14 12 09 】 マンション建替え円滑化等に関する法律の改正がなされています。

耐震性不足のマンションについて、建替えの円滑化を図るため、法律改正がなされ、H26.12.24から施行されることになりました

【 14 12 08 】

当事務所の平井朝弁護士執筆による書籍「弁護士が分析する企業不祥事の原因と対応策」(新日本法規出版・共著)が発刊されております。弁護士の視点で企業不祥事の原因、対応策を分析し、アドバイスを行っていますので、今後の不祥事発生の予防のために参考になる内容といえます。ぜひ、ご参照いただければ幸いです。

【 14 11 14 】 各国の相続法制に関する調査研究が報告されています
【 14 08 17 】 愛知県名古屋市をはじめとする中部、東海地方の企業の皆様へ。いま「事業承継対策」が重要です。できれば、5年から10年前からの対策が必要です。

・「経営承継法における非上場株式等評価ガイドライン」(中小企業庁)
・「非上場株式等についての相続税・贈与税の納税猶予の特例のあらまし」(国税庁)
・「中小企業事業承継ハンドブック」(経営承継円滑化法対応版)
・「中小企業経営承継円滑化法申請マニュアル
・「事業承継支援マニュアル」(日本公認会計士協会)
事業承継問題の最新情報はこちら
当法律事務所は事業承継をはじめとする企業の法律問題に関するご相談をお承りしております。事業承継対策を一つの契機として、企業のコンプライアンス強化内部統制をすすめ、持続的かつ継続的に持成長する企業(ゴーイングコンサーン・going concern )の形成、発展をすすめていきましょう。

【 14 06 28 】 自動車運転処罰法が、H26.5.20より施行されております。
【 14 02 23 】 『企業不祥事の原因と対応策』シンポジウム開催のご案内(H26.2.27)
詳しくはこちら
【 13 01 21 】 【法改正情報】労働契約法が改正されます(H25.4.1~)。

労働契約法が改正されます(H25.4.1~)。

【 12 02 01 】 企業の皆様へ:厚労省のWGより「パワハラ」に関する報告がなされており、参考になります。

近年、職場の「いじめ・嫌がらせ」、「パワーハラスメント」が、社会問題として顕在化してきていることを踏まえ、厚生労働省のワーキング・グループが、パワハラ問題の現状と取組の必要性、予防、解決に向けた提言をしており、企業の労務管理において参考になります。 

【 09 05 21 】 裁判員制度が、平成21年5月21日スタートしました。

 企業としては、従業員が裁判員に選ばれた場合には、仕事を休ませる必要があり、事前に就業規則などの規定を整備しておく必要があります。
労務管理に関する当法律事務所の弁護士からのアドバイスはこちら
裁判員制度に関するQ&A①Q&A②はこちら。(法文
裁判員の辞退事由に関する法務省見解はこちら(「結果概要」をクリック)。
・「法廷用語の日常語化に関するPT最終報告書」はこちら
・「法教育Q&A」(法務省)はこちら

【 08 03 14 】 企業シンポジウム~内部通報制度および契約審査手続における企業と弁護士の協働~(愛知県弁護士会主催)が開催されました。

内部通報制度の構築を含むコンプライアンスシステムについてはこちら

詳しくはこちら
INFORMATION
顧問弁護士のご案内
皆様に継続的な安心を
皆様が当事務所と顧問契約をお結びいただくことで、トラブルを未然に防ぎ、皆様に継続的な安心とご納得をご提供することができます。
から
法律相談予約受付
Tel:052-290-6671
受付時間内に申込みが出来ない方はこちらのフォームから
お申し込みできます。
詳しくはこちらから
モバイルサイト
モバイルサイト 携帯電話(モバイル機器向け) サイトもご用意しております。
携帯電話でQRコードを読み取るとサイトにアクセスできます。
当事務所にお越しいただく際は、 アクセスマップとしてご利用ください。

平井綜合法律事務所 〒460-0002 名古屋市中区丸の内2丁目17番地13号 NK丸の内ビル 701号 TEL:052-209-6671 FAX:052-209-6672
個人法務一覧企業法務一覧顧問弁護士弁護士紹介法律相談Q&A弁護士費用所在地・お問合せリクルートサイトマッププライバシーポリシー