個人法務 弁護士費用

弁護士費用の種類

弁護士費用には、法律相談料、着手金、報酬金、実費、顧問弁護士費用などがあります。

法律相談料
1時間 ¥12,000(税別)
着手金
ご依頼の際に、最初にいただく費用です。
報酬金
ご依頼いただいた事件の処理が終了した際に、その出来高に応じていただく成功報酬です。通常、「相手方から回収した金額の10%程度」または、「相手方から請求された金額と実際に支払うことになった金額の差額分の10%程度」というかたちになることが多いです。
実 費
裁判所までの交通費、通信費、裁判所に納める手数料(ご依頼いただく事件の内容によって変わります)等、事件処理にあたり支出しなければならない費用です。
顧問弁護士費用
原則として月額¥50,000(税別)~、となります。

個人法務 弁護士費用一覧

次に、各事件ごとの弁護士費用の目安をご紹介致します。 これらの例は、あくまで基本的な事件の場合の目安ですので、事件の内容によって異なることもあります。 詳しくは弁護士におたずね下さい。
※法律相談の際に、お申し出いただければ、お見積もりをさせていただきます。

着手金報酬金
300万円以下の場合 経済的利益の8% 経済的利益の16%
300万円を超え3,000万円以下の場合 5%+¥90,000 10%+¥180,000
3,000万円を超え3億円以下の場合 3%+¥690,000 6%+¥1,380,000
3億円を超える場合 2%+¥3,690,000 4%+¥7,380,400

※着手金の最低額は¥100,000(税別)となります。
※事件の内容により、上記基準の30%の範囲内で増減額することがあります。

詳しくは、お問い合わせ下さい

以上は、あくまで目安であり、事件の内容により、増減額することがあります。
また、以上にご紹介していない事件についても、お取り扱いしております。
詳しくは、弁護士におたずね下さい。