トピックス

民法改正

2019年8月9日

 120年ぶりに、民法(債権法部分)改正がなされることになり、200項目以上の新設、変更項目が生じることになりました。  
 施行は、2020.4.1です。  
 企業の皆様においては、既存の各種契約書の見直し、新規に作成する契約書の工夫等、留意すべき点が多々あり、 弁護士に相談を行うなどして、早期に対応していくことが極めて重要です。
★参考:民法改正(法務省)

同一労働同一賃金ガイドライン

2019年8月8日

 厚生労働省より、『同一労働同一賃金ガイドライン』が公表されています。

 上記ガイドラインは、企業において、正規従業員と非正規従業員との待遇差が不合理となる場合等の基本的な考え方を示したものであり、企業がとるべき対応の指針となるものです。
 企業としては、上記ガイドラインを念頭に、適切な対応を講じていく必要があります。
★参考:同一労働同一賃金ガイドライン(厚生労働省)

『有期契約労働者の円滑な無期転換のためのハンドブック』  

2019年7月1日

 厚生労働省において、事業主や企業の人事労務担当者向けに、無期転換ルールの導入手順やポイント、導入事例などをまとめた『有期契約労働者の円滑な無期転換のためのハンドブック』が作成されています。

 無期転換ルールとは、労働契約法に基づき、平成25年4月1日以後に開始する有期労働契約が、同一の使用者との間で5年を超えて反復更新された場合、有期契約労働者の申込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換されるルールのことです。

 いわゆる「平成30年問題」といわれているものであり、企業の皆様の労務管理にとって、極めて重要な問題かと思います。
★参考:有期契約労働者の無期転換ポータルサイト
★参考:はじまります、「無期転換ルール